通信速度が遅い場合 : 光回線を料金・キャンペーン別にご紹介

通信速度が遅い場合

ホーム  >  通信速度が遅い場合

光回線の速度が遅い?

これまで普及されていたADSLに比べて、光回線はスピードのあるインターネットです。そんな光回線を契約し、待ちに待った光回線が開通し、いざパソコンを開けてみたら、なんだかインターネットが遅い…なんていうこと、実はあるのです。光回線にしてもインターネットが遅い場合、どのような原因があるのでしょうか?

パソコンが古い

パソコンが古い場合には、インターネットに関係なくパソコン自体が遅い場合があります。こういった場合には、どんなにスピードの速い光回線に切り替えても、パソコンが古ければやはりスピードは遅いままということもあるのです。こういった場合には、費用はかかりますが、パソコンを買い替えることにより解決することができるでしょう。

パソコンウィルス

インターネットやパソコンが遅い原因には、ウィルスへの感染も考えられます。現在使っているウィルス対策が有効であるかどうか確認すると共に、万が一ウイルスにかかってしまった場合には、適切な処置をして対応する必要があります。気づかないうちにウィルスにかかっている場合もあるので、定期的にウィルススキャンを行うことで、ウィルスにより被害を最小限にとどめることができるでしょう。

プロバイダが原因

光回線のスピードは、プロバイダが原因でスピードが落ちてしまう場合もあります。例えば、日中はサクサクと進めることができるのに、夜になるとスピードが落ちてイライラしてしまうということもあるでしょう。この場合には、プロバイダの回線が混雑することが原因だと考えられます。プロバイダに問い合わせをして、それでも解決されない場合には、プロバイダの乗り換えも手段のひとつでしょう。

光回線が途切れる?

困っちゃう 光回線に乗り換えたものの、インターネットが途中で途切れて快適に使うことができない場合があります。せっかく通信速度があがっても、途中で途切れてしまうのでは快適にインターネットを使うことができませんね。

頻繁にインターネットが途切れる場合には、プロバイダに問い合わせをして確認してもらいましょう。それでも問題が解決されない場合には、プロバイダの変更をおすすめします。


TOPページへ